hamburger

GROUP TOPICS一覧

”BS人事通信”Vol.3

2021.03.01

年度の締めとなりますね!やり残したことありませんか!!?

皆さんこんにちは!
人事課の野崎です!

出会いと別れの季節ですね…!!今年は歓送迎会もだいぶ閉塞感が
ありそうです…ちょっと寂しい気もしますね。

さてさて、今回も名言・格言から始めていきますよー!
ことわざも記事に入れやすいので含めてます…(笑)

◆今回のお題◆

▶「大は小を兼ねる」

この言葉をご存じでしょうか?
一般的にはこの言葉、大きい(多い)ものは、小さい(少ない)ものよりも
融通が利く、役に立つ、小さいものの代わりとしても大きいものは使える、
といったところの意味かと思います。
端的に大きいほうが、小さいほうよりも良い、といった意味ですね!
まあ、実際には小さい物のほうが便利というケースはありますが…
ペットボトルの飲み物なんかは持ち運びに便利…まさにそうですよね(笑)

さて、今回もビジネスの話に近づけたいと思いますが…
「成長」という言葉がなぜビジネスでよく聞こえてくるのか?という考察に繋げたいと思います。

企業は今、人材能力開発に力を入れているところが多く存在します。
それは、国としても同じで能力開発に対する助成金を設けているぐらい注目されています。

人材能力開発に力が入ると知識や経験が多くなり
企業で活躍したりできるようになります。いわゆる”成長”という
言葉が相応しいですね!
成長できたということは、”知識量が多い・経験値が多い人材”となり、
少ない社員と比べるとできる仕事の範囲が違いますよね?
「ん?何をあたり前のことを?」と思う人もいるかと思います。
ですが、もう少し砕いて説明したいと思います。

2名の社員が同じ会社で働いていたとします。
・Aさん 知識量…100 ・Bさん 知識量…50

●印の仕事は、知識が30あればできる仕事
■印の仕事は、知識が70あればできる仕事

その場合のことを考えてみましょう。

論理的な思考で記述すると、
・Aさんは、●も■もどちらの仕事もできる。
・Bさんは、●の仕事ができる。
ですね。

①この場合、●印の仕事が回ってきた場合は、どちらが担当になりますか?

▶答えはAさんでもBさんでもOKですね。

②この場合、■印の仕事が回ってきた場合は、どちらが担当になりますか?

▶答えは当然Aさんですね。
Bさんは知識量が足りず、■の仕事はできないのですから。

そう、今の世の中会社が人材育成をしようとしているのは、
単純に難しい仕事をやってもらいたい、必要だからやってもらう
という意味だけではありません。
人材の”互換性”を持ち、社内間で調整しやすい組織に
していきたいという目的もあります。

上記の例の場合、Aさんはどちらの仕事もできます!知識量が高いのですから。
Bさんは●印の仕事しかできませんね。知識量が低いのですから。
会社として求めていくのは、Bさんの仕事が●だけでなく、■の仕事もできるように
なること、それを目的としてBさんの教育を促すことを図っていくのです。

知識や経験が多い社員が多く存在すれば存在するほど、
・誰に対しても仕事を任せれば、仕事が進む組織体制になる。
・何らかの原因で人が辞職した場合でもその引継ぎが楽になる。
・業務量のバランスが崩れたとしても皆が皆、その部署の業務のフォローにまわることができる。
といった調整も行いやすくなる会社になるのです!

まさに、企業の人材能力開発は「大は小を兼ねる」という言葉が当てはまると考えられます!
知識や経験は積み重ねていく度に、できなかったことができるようになるのですから。
いろんな仕事を経験してきた人は、多くの要所で活躍できる人材となるのです。

この見識をしたうえで、今一度考えてみましょう。
なぜ、企業が”成長”という言葉が好きだったり、評価したり、
成長欲というものを面接でみられるという理由がわかる気がしませんか?
そう!能力は、高いに越したことはないから!ですね♪

勿論、労働者本人もその企業で培った経験などがキャリアとなり
例えその企業でなくても、”自分の価値”として誇ることができる
ので、ある意味能力開発は会社と労働者の間で”win-win”の関係が
成立しやすいのかもしれません!

企業から言われる「成長、成長!」という言葉やプレッシャーに少し疲れた人も、
今一度なぜそういわれてしまうのか?を考えてみませんか?

===========================================

ちなみに、BSグループでも”成長できた!”ということを評価できる
会社のしくみ作りに取り掛かっている最中です!
成長できたことを正しく評価し、成長できなかったことにおいては
成長につながる行動から一緒に考えて進めるようなチームの態勢をとっています!
こういった細かなマネジメントをしようとしている会社に興味ありましたら、
終了している場合もありますが、採用問合せページに連絡ください!!
(※新卒採用なら、リクナビ2022に掲載中です!)

 

連絡先
TEL:042-352-4561
r_nozaki@bsgroup.co.jp
(担当:野崎)

”BS人事通信”Vol.2

2021.02.01

しばらく寒い日が続いていますね…防寒対策忘れずに!

皆さんこんにちは!
人事課の野崎です!

新年あけて、早一か月経ちましたよ!
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

今回からは、予定通り何かの名言・格言から始めていきますよー!

◆今回のお題◆

▶「果報は寝て待て」

この言葉をご存じでしょうか?
一般的には、良い知らせは時間を待てば来る、といったようなおおよそ
「焦らずに」という意味合いで使われているのではないかなと思います。

私個人の意見として、この言葉は「考えてても仕方がない」といった
具合にビジネスの世界は使ったほうが良いのではないかな、と考えています。

人生観になってしまうのですが「考えてもどうしようもないこと」に
時間を使ったり、行動したことはありませんか?
例えば、
・終わったあとの面接のことをあれこれ考えて、集中できなくなってしまう
・他社の都合で決まることなのに、都合の悪かった場合のことで不安になったりする
・プレゼンの順番はくじ引きなのに、「早い順番になったらどうしよう」と緊張してしまう
などなど、多々ありますよね。

勿論、それが悪いことではありません。
考えるなと思えば思うほど、気になってしまう事だってあります。
しかし、自己努力で変えられない部分は
世の中結構多くあるのではないかな、と思っています。
そういった部分に対しての「時間」が有意義なのか、有意義ではない過ごし方なのかを
”分けて考えられる力”はビジネスに生きる人々にとっては必要ではないでしょうか??

例えば、上記のケースでいいますと、
「終わったあとの面接であれこれ考えてしまう」というパターン。
そう、もう過ぎた面接の内容はどうしても変更・更新することはできないのです。

ただただ、「あのとき何で答えられなかったんだろう…」と落ち込むのであれば
それは無意義な過ごしかただと思いませんか?変えられない印象です。

ですが、「次はこう答えよう!」とか「答えられるように練習しよう!」というのであれば
それば未来につながる、有意義に感じると思いませんか?

角度を変えると、面接後に「手紙を送ること」「メールでお礼状を出す」と
いった時間の使い方をできれば、それはそれで有意義になり得ることもあり得ます。

考えても無駄な時間と気づくことができ、その無駄な時間を有意義にしたい!と思いませんか?
そんなとき、思い出してほしい!「果報は寝て待て」という言葉!
どうしようもないことは、どうしようもないのです。
しかし、そのために立ち止まる時間はさらにどうしようもないかと思います。

その過ごし方は有意義なのか、無意義なのかを”分けて考えられる力”
皆さんも一緒に意識してみませんか?

===========================================

ちなみに、BSグループではこういった無意義に感じる後悔の部分や
事前に感じる必要のない恐怖心を感じさせないように
先輩社員のフォローアップが充実しています。
こういった細かなマネジメントまで気づく会社に興味ありましたら、
終了している場合もありますが、採用問合せページに連絡ください!!
(※新卒の方なら、リクナビ2022に掲載予定です!)

 

連絡先
TEL:042-352-4561
r_nozaki@bsgroup.co.jp
(担当:野崎)

”BS人事通信”Vol.1

2021.01.05

明けましておめでとうございます!今年の抱負、決まってますか?

 

皆さん!明けましておめでとうございます!

正月休みも明け、今年も始まりました!!BS採用通信!!
今年から、構成変えます。。。
以前は人事らしく…という意味で、今まで「採用」の話題を
「季節感」からの入りかたをしていましたね!

そんな記事でした!!しかし、考えた末、今年は以下の方針で
コラム記事を作っていこうかと思います!

・「季節感ではなく、何かの名言・格言を題材に」

させていただくことにしました!
これで、この記事の更新もしやすくなった!…に違いない(笑)

そして、話の話題としては、今まで”BS採用通信”として
採用に関すること(おそらく)が多かったと思いますが、
今後は、人事領域全般でお話の記事が更新できたらな、と思っています。
ですので!
今年の一月より、名前改め、
”BS人事通信”とさせていただきます。
いずれにせよ、着目点は「人」に関することにしようと考えています。

理由としては、
●本来、新卒向けの記事だったが、色々な立場の方々が読んでいること
●広義にすることにより、人の価値観で気づきになる機会が採用に絞るよりも多いこと
●見に来る人が採用のみに興味のある方というより、人事領域に興味のある方が多いこと

そして、何よりも私自身が”人”に関することに記事を書き続け
価値観を発見したいから、と思っているからです。
勿論、経営者目線でも、実務の現場目線でも、新卒や中途入社の目線でも、です。
多角的にいろいろな発想と意見が出せる人事になっていきたい、という想いが
あるからこそ、こういった話題にしていきたいのです!

そんな想いがあるからこそ記事を更新していきたいし、何度でも
見に来ていただきたい。そして、BSという会社そのものに興味を持っていただく
取っ掛かりになってほしいと思っています。

想いを語る年明け、今年の抱負みたいになってしまいましたね。

皆さんも今年の抱負はありますか?
次月から早速、コラム記事を更新していきます!
どんな組立方にしていくのか、良ければご覧ください!
今後ともよろしくお願いします。

 

連絡先
TEL:042-352-4561
r_nozaki@bsgroup.co.jp
(担当:野崎)