hamburger

GROUP TOPICS一覧

【BS採用通信】翠緑の5月分!!

2020.05.01

翠緑(すいりょく)と読みます!なぜ?こんな言葉を??ご説明します!

皆さんこんにちは!人事課の野崎です!!

世間や巷では、感染症の話が多いと思いますので、
このページはいつも通りに更新して少しでも何かのお気づきになると嬉しいです♪

5月になりましたね!!
皆さんお気づきでしょうか??
この採用通信、「●●の●月」といった法則性があることを…!!
5月にふさわしい言葉を探していたら、、、今回は「翠緑」にしました!
勿論!!「根拠」はあります!

①「桜の木から”花”ではなくて、”葉”が出てきて、それが緑だから」
②「誕生石が”エメラルド”だから」
③「GWの”みどり”の日があるから」

なので!!今回は「みどり」の意味の「翠緑」に致しました!

================================

【今回のお題】→いわゆる就職活動、その「根拠」って何ですか??

さて、上記の話の続きでいうと、「翠緑」という言葉を使うのにちゃんと根拠がありましたね?
最初は、ナニコレ?と思ったタイトルかもしれません。
しかし、実際この言葉を選んだ根拠を聞くと「あ~なるほど!」とか思って頂けたのではないでしょうか?

この考え、就職活動でも気にしておくと良いといわれています。
もう少し深くいえば、「なぜその考えに至ったのか?」という事、です!

「なぜ、この会社なのか?」
「なぜ、事務職を希望しているのか?」

人事が「あ~なるほど!」と思う根拠となることを話せているかが重要です!!

「なぜ、この会社なのか?」      → 「給与と待遇がいいから、家から近いから」
「なぜ、事務職を希望しているのか?」 → 「営業とは違って、ノルマがないから」

といった理由では納得されない…これは容易に想像できますね?
今日は今一歩進んだアドバイスを…

会社の魅力を説明会で聞くものだから、
「その説明会で聞いた魅力をそのまま面接官に伝えて」いませんか?
確かに魅力に共感ということは面接官はとてもうれしいものです。
もしかしたら、それだけで内定も取ることができる場合もあるかもしれません!!
しかし、内定を上手に得られる人はさらにそこから
「なぜ、その魅力に共感できたのか?」というところまで
結びつけることができ、更なるPRをしていくのです。

例えば、”事務職をやりたい”という理由を
「アルバイトの経験」や「学園祭の裏方に回った時のやりがい」
「あこがれる自分のキャリアやそれに近い人物を目指したい、そうなっていきたい」
という価値観から、
「それが実現できるのは、御社だけなんです!!」
といったつなぎ方がスマートなのかもしれません。

根拠のあるモノ言い、面接時にできていますか?
もしかしたら、「自分の経験したことない職務に興味あります。」という考えを持っている
のであれば、考えつくのがなかなか難しかったするかと思いますが…
その場合でも、過去の何十年を遡ってみると、意外なことでも納得させられる
ことがあるかもしれません。ひとりでは、思い詰まってしまうようであれば、
就職相談に乗ってくれるキャリアセンターや職業安定所などの相談員の方々と
一緒にその「根拠探し」をしていくのもよいと思います。

説明会で伝えられた魅力を共感するのも大切なことですが、最初に話したとおり
それ以上に「なぜその考えに至ったのか?」まで考えられるといいですね♪

==============================

ちなみにBSグループは、、、
報告や相談をするにあたって、その「根拠」はどんなところにあるのかを
明確にした状態で発信するようにしています!
「なんとなく」や「気分的に…」といった気分的な判断は
しません。もし、「なぜ?」と思っても、確認すれば
ちゃんと答えが返ってきます。

明確な答えが欲しい!というモヤっとした気持ちで
働きたくないと思っている方!
BSグループで一緒にはたらいてみませんか??

 

 

連絡先
TEL:042-352-4561
r_nozaki@bsgroup.co.jp
(担当:野崎)

【BS採用通信】新春の4月分!!

2020.04.01

暖かい日が多くなってきましたね…!!いかがお過ごしでしょうか??

皆さんこんにちは!人事課の野崎です!!

4月になりましたね!!当社も4/1より新卒社員が入社してきます!
気合十分な学生たちだったので、これからどう育ってくれるのか!
楽しみです♪
一から採用してきた人事としては、成長日記をつけてみたいとか
考えています!!‥現場の担当に任せますけど(笑)

==============================

【今回のお題】→部下の成長は上司の責任??

「部下が育たないのは、上に立つものがしっかりしていないからだ!」
というセリフをどこかで聞いたことありませんか?

BSグループもそのように思っています。
「上司の指示の出しかた」
「目標の持たせ方」
そういったことができていないから、部下が成長しないんじゃないかな?
と日々研鑽を重ねていっています。
”成長責任”は部下側にはなく、上司側の問題…と考えています。

しかし、敢えて今回部下側に意識として持ってもらいたいものを
ひとつだけ、お伝えしたいと思います。
今後、新しい会社に入社をする人はぜひ意識してもらいたいものがあります。

それは、”結果の報告責任”です。

「ん??当たり前ではないか?」と感じる人もいるとは思いますが、
実に大切な事なのです。その報告が大事な理由として、簡単に考えると、

”その報告を聞いて、会社として取るべき対応をとらなければならないから”

と考える人が多いです。お客様や売上にも影響が出そうですからね。
しかし、その部下からの報告で読み取れる情報はそれ以外にもあります。
もうお分かりですよね??

そう、”どんな報告をしたか?結果を残したか?”によって、
その社員の能力を測ることもできるのです!!
むしろ、常に隣にいることができない故に、この情報を掬いとって、
正しい成長を促さなければならないのです!

具体例を挙げますと、
「営業活動で、アポイントは一定数取れるんですけど、商談が上手くいかなくて」
といった報告をした部下がいた場合、その部下に必要な能力は
”営業の交渉能力”となりますよね??
その部分を見直すマネジメントをする形となります。

その報告が、
「営業してるんですけど、感触はそれなりです」
といった報告をした社員は、
「何が”それなり”なのか?」
「どんなことができているのか?」
「もう一度最初から教えるべきなのか?」
その報告から上司は読み取れないのです。
結果、やる気がないのか?といった判断を上司がしてしまうケースもあります。

勿論、上司の結果の確認の仕方、ヒアリング能力に問題があります。
そもそも、上司が正しい報告の仕方を教えるべきなのでしょう。

ですが!こちらを読んでいただいた皆さん!
報告の仕方一つで、上司の対応や指示も変わってくると気づいてくれますよね?
多くの人事はコミュニケーション能力を大事にするといった価値観があります。
こういうところにも影響してくるからだと私は思っています。

成長したいのなら、報告は正しくしないと
上司からヒントやアドバイスも得られない!ということですね!
少しでも意識してくれれば幸いです!!

==============================

ちなみにBSグループは、、、
上記のようなケースは起こりにくいと考えています。
なぜなら、管理者がそういうことがあると、正しくマネジメントできない
ことを知っているから!です。
なので、部下からのヒアリングや確認の仕方もできているので、新入社員
は安心して、業務ができますし、成長しやすい会社だと思っています!!

こういった考え方に興味がある方!BSグループに入社を考えてみませんか?

 

連絡先
TEL:042-352-4561
r_nozaki@bsgroup.co.jp
(担当:野崎)

緊急便サービス部 営業時間変更のお知らせ

2020.03.17

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、緊急便サービス部では、これまで36524時間を営業時間としてまいりました。

しかしながら、昨今の人件費の高騰、また長時間労働の是正などを背景とし、従来のサービスを維持することが困難となってまいりました。

つきましては、これまで長年にわたりご愛顧をいただいたお取引様並びにご関係者様には大変ご不便をおかけ致しますが、202041日より下記の通り、営業時間を変更させていただきます。

今後もサービス向上のため鋭意努力して参りますので末永くご愛顧賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

 

【変更日】202041日(水)より

【営業時間】(平日)8002000 / (土日祝)9001800