グループ沿革

平成10年
創業者大石和延(当時20歳)が東京都府中市で配送サービスとして開始する
平成13年
有限会社として法人登記 資本金300万
平成14年
東京多摩地域を中心に関東各所へ営業所を展開
平成15年
株式会社へ組織変更 資本金1.300万
平成15年
事業縮小で府中本社のみに縮小し他営業所を閉鎖及び売却
平成16年
倉庫・物流・製造業に特化した人材サービス事業開始
平成18年
資本金4.600万へ増資
平成18年
本社を現所在地へ移転
平成19年
一般貨物運送事業開始と同時に府中市にて資本金700万で
ビーエスロジスティクス株式会社設立(BSLとする)
平成19年
3PL事業開始(BSL)
平成21年
メーリング事業・物流加工事業・データサービス事業開始(BSL)
同時に現調布加工センターを設立
平成22年
BSL本社を現所在地へ移転
同時に現国立センター設立
平成23年
BSL資本金3.100万円へ増資
平成25年 1月
物置レンタルサービス事業『ものくる』を開始
平成26年 1月
事業会社2社(㈱BS ビーエスロジスティクス㈱)を純粋持株会社として株式会社BSホールディングス設立
平成26年 3月
株式会社偉世コーポレーションの発行株式を取得
平成26年 6月
偉世コーポレーションをビーエストレード&フォワーディング株式会社に社名変更
平成27年 7月
ビーエスロジスティクスシステムズ株式会社 設立
BSLの3PL事業を分社化