宮城県 南三陸町への救援物資搬送報告レポート

【輸送物資】

水、米、衣類、軍手、絵本、毛布等
杉村康之議員(府中市)他多数の方々のご厚意で2t車いっぱいの物資をお届けすることが出来ました。ありがとうございました!

今回は再び南三陸町へ物資を搬送しました。
道路は震災直後に比べ、だいぶ片付いていましたが、船やがれきなど、どうしようもない物はそのまま、港周辺は息が出来ないほどの異臭。
復興が始まっているとはいえ、やることは膨大に残った状態である事を改めて感じました。

がれきはまだ大量に残っている状態です

この船を移動させるだけでも大仕事です

道路の冠水など不便な悩みは尽きないでしょう

【輸送場所】

ベイサイドアリーナ

喜ぶべき事でしょうが、物によっては余るほど支援物資が届いているとの話でした。
避難所ごとに届く物資の種類や量、消費する量が違う事は想像できますが、避難所同士のネットワークで余ったもの、足りないものの差を埋めた上で余る物もあるようです。不足している物は家財道具など、当初騒がれていた内容からは変わってきている様です。

ベイサイドアリーナです

皆様のご厚意を届ける事が出来ました

搬入の様子です

現地の方に聞いた話では、仮設住宅に入居などして落ち着きを取り戻したら、今度は趣味のものなどが必要になってくるかもしれないとの事でした。
他方で、自宅に住んでいる方々は、避難所にいる方々より目が届きにくい状況にあるようです。
少しは落ち着きが出た状態。震災直後の地獄絵の様な状況より大きな前進をしていると考えたいのですが、がれきばかり目立つ町の様子を見ると、複雑な気持ちになります。
被災地の生活にも変化が起こり、支援の形も次の段階への変化が必要だと感じました。

【救援活動協賛企業】

コウノウォーター株式会社、株式会社ノルコーポレーション、他(順不同、敬称略)
物資の協賛、ありがとうございました。他にも一般の方々からも物資を頂いています。重ねてお礼申し上げます。